アーカイブ

Posts Tagged ‘MD388JA’

Mac miniを冷やすなら、エーハイムのフィルターパッドが効果的

Mac miniの冷却に困っている方が多いようなので、私の冷却方法を公開したいと思います。

まず、なぜMac miniが冷えないのか、その原因の特定と改善を検討しましょう。

○原因
1、CPUが熱い
2、冷却ファンが小さい
3、電源が本体内蔵で電源用冷却ファンが無い
4、そもそもデザインを優先しすぎ
5、吸気口が小さい

○改善策
1、動作クロックを下げて固定する
2、ファンを増やす→外部冷却ファンで冷やす
3、ACアダプタ化する
4、アルミ筐体から出して30cm扇風機にでも当てる(誰もやらないだろう)
5、裏蓋を外す

この中でもっともお勧めなのは、2です。
デザインから見て、バード電子 AP-17W-2013がベストと考えています。しかし高いです。

安価なのは、ノートパソコン冷却台の使用です。
DEEPCOOL 19は安くてよかったのですが、半年で壊れてしまいました。
今だとARCHISS AS-NC20でしょうか。これはこれで冷えるようです。
スペースと美観とファンの音が許されるなら最適と思います。

とはいえ、私の自宅では、5の裏蓋外しを行っています。
Cooling1

裏蓋を外すことによる問題点は、ホコリの吸い込みです。
今回ご紹介するのは、ぴったりなフィルタです。

Cooling2

見事にピッタリはまった黒いものは、熱帯魚用水槽の外部フィルタに使う活性炭マットです。
商品としては、このエーハイム 2215専用 活性炭フィルターパッド 2628150なんですが、使ってみたらぴったりでした。

エーハイムの活性炭フィルタは少し密度が高いため、塵の侵入を防ぐには向いていますが、粗い方が風量はよくなります。
その場合、2215専用 粗目フィルターパッド 2616151あたりが目も粗くよいかもしれません。水色ですが。

また実際に使う場合、このままではフィルタが一番下になるため、Mac miniの全重量がフィルタにかかってしまいます。
四隅に足を付けて適度な高さまで浮かす必要があります。

Cooling3

100均の耐震ゲルを2ヶ重ねてから防振ゴムを敷いています。
人によっては美観的に無理でしょうが、私にはここまでなら許容範囲です。

カテゴリー:Mac タグ: , , , , ,

Parallels9上のWindows8で3DMARKとドラクエ10ベンチをやってみた

昨日Paralells Desktop9が届いたので、Mac mini(Late,2012)MD388J/A”竹”でグラフィック系のベンチマークをやってみました。

3DMARK_Parallels9

おいおい。すべてに”Graphics driver is not approved”って出てるよ・・・

ちなみに前回行ったBootcampでの結果はこちら

3DMARK on Bootcamp

ついでにドラゴンクエスト10ベンチもやってみました。
フルスクリーンでのベンチができず、ウィンドウモードで行ったので問題あるかと思いましたが、こちらは誤差程度でした。

DQXonP9

設定は
OS:Windows8
システムメモリ割当:4GByte
グラフィックスメモリ割当:1GByte
ParallelsTools適用済み

Parallels9 Bootcamp 比較
Ice Storm 18116 43978 42%
Cloud Gate 2756 5693 48%
Fire Strike 0 653
DQ10 3270 3389 96%

グラフィックスドライバーは最新版ですので、対応待ち?
それとも無理?
GraphicsDriverParallels9

Mac mini (Late2012)で3DMark

過去記事にコメントがあった関係から、Mac mini(Late2012 MD388J/A)のBOOTCAMP Windows8でのエクスペリエンスインデックスを取り直しました。
EXPIndex

まぁ、こんなものでしょう。

せっかくなので3DMarkをやってみました。
3DMARK11

CPU/GPU:Intel Core i7-3615QM
Memory:DDR3-1333 16GByte
3DMarkScore
Ice Storm:43978
Cloud Gate:5693
Fire Strike:653

今回の設定は以下な感じです。
・「システムのプロパティ」→「詳細設定」→「パフォーマンス」→「パフォーマンスを優先する」
・「Intel HD Graphics Control Panel」→「3D」→「パフォーマンス」
・基本的に常駐ソフトウェアは終了、セキュリティソフトは動作停止

ついでにドラクエ10ベンチもやってみました。
前回と比べて設定変更の影響か3%程度スコアの上昇がみられます。

DQX1280High2

Parallels9をAmazonへ手配したので、そのうち、そっちでの結果も載せます。

MD388J/A(Mac mini Late 2012 竹)をヤマダ電機で購入

macmini01

Conroe世代の重厚長大自作デスクトップが夏場暑くて煩くて飽きてきたこともあり、この夏に向けて小型低発熱PCとして、昨今の円安で相対的に価格が下落しているMac miniに買い換えました。
機種的には仮想化をふまえて4コアCPUのMD388J/A”竹”です。

さて、今回はタイトルのようにMD388J/Aをヤマダ電機で購入しました。
理由は安かったからです。
ポイント込み最安組で長期保証を考えるとビックカメラに軍配ですが、SSDへの交換すると保証はなくなるため、今回は価格優先です。

定価68,800から65,800円に下がり、そこから20%のポイント!還元されると、65,800-13,160、所謂実質価格は52,640円となります。
Magic Trackpad MC380J/Aも20%ポイント付きとなり、共にほぼ最安値でしょう。
macmini07

※ヤマダ電機のメルマガ会員のポイント加算はパソコン対象外なので気をつけましょう。
macmini09

買ったもう一つの理由は、この円安傾向から当分はこの価格帯でMac miniを買えないだろうとの読みです。
先ずヤマダ電機のポイントはポイントで買うとその分のポイントはつかないため、9掛けで考えるのが妥当。そう考えると実際は53,956円。

日本版MD388J/Aの定価は68,800円、アメリカ版のMD388LL/Aは定価799ドル、アップルの円ドルレートは82円。(税込86円)
※消費税みたいなものは、アメリカは基本外税で日本は内税。すごく良心的。

今回のポイント還元後の53,956円は定価比78.4%。
同等の割引率になると仮定しても、
1ドル=税込100円レートになると定価79,800円、78.4%で62,356円。
税込105円レートなら定価83,800円、78.4%は65,699円。
8,000円~12,000円の価格上昇になります。
しかも2014年春には消費税8%化も控えており、安く買える気がしません。
新型の発売は10月頃として値下がりは約3か月後。そんなに待っていられない。
いつ買うか?今でしょ!()

macmini04
早速開封。
アップル製品を幾つか買ってきましたが、化粧箱を覆う保護段ボールごと買ったのは初めてです。

macmini02
HDMI-DVI変換ケーブルなどが整然と収められています。

macmini03
裏面です。メモリまで黒い基盤。相変わらず美しい。
以前ノート用に安く買っておいた16GBへ早速交換です。
裏蓋が思っていたよりも硬かったけど、100均の耐震ジェルを貼って回すと簡単に開きました。

macmini05
小さく薄く美しいのですが、ケーブル類が美しくないな~