ホーム > Uncategorized, 家電 > PS4の製造コストは381ドルで定価399ドルを18ドル下回る

PS4の製造コストは381ドルで定価399ドルを18ドル下回る

アメリカでソニーのプレイステーション4が発売になり、至る所でレビュー記事が書かれています。
そんな中、AllThingsDはPS4の製造コストを調査し、定価399ドルより18ドル安い381ドルであったと推定しています。
(元ネタ:AllThingsD

PS4_bunkai_sae
これはPS3発売時の定価499ドルに対して製造コストが805ドルと大幅な逆ザヤであったことと比べれば、たいへんな利益改善です。
※元記事でPS3が製造コスト805ドルに対して599ドルで販売とありますが誤りです。20G版が原価805ドルで定価499ドル、60G版が製造コスト840ドルで定価599ドル販売です。

今年初めに製造コストを390ドル程度と予測していたサイトがありましたが、いい線でしたね。

内訳として以下が書かれています。
プロセッサ(CPU+GPU) $100
メモリ $88
HDD $37
BDドライブ、MarvelとSkyworksの無線チップ $28
コントローラ $18

広告
カテゴリー:Uncategorized, 家電 タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。