ホーム > iPad, iPhone > iPhoneやiPad用CPU製造をニューヨークでするみたい

iPhoneやiPad用CPU製造をニューヨークでするみたい

a7timesunion.comによると、アップルがCPUの生産をGlobalFoundriesにさせるようです。
※GlobalFoundriesについてはこちら

ご存知のように、iPhoneやiPadのCPU(SoC)は全てアップルが大嫌いなサムスンによって製造されています。
アップルはCPU製造を他社に切り替えようとしている情報は過去何度もありましたが、その殆どはTSMC(PS4のCPU製造会社)についてでした。
今回の報道は、来年後半にFab8.1と呼ばれる新工場を建てるというものであり、次期iPhone用A8プロセッサの製造をグローバルファウンドリーズがつくると決まったわけではありません。
というより時期的にiPhone6の発売時はサムスンとTSMCの2社がA8プロセッサを供給すると考えたほうがよさそうです。

Year SoC Processes Manufacturer
2010 A4 45nm Samsung
2011 A5 45/32nm Samsung
2012 A6 32nm Samsung
2013 A7 28nm Samsung
2014 A8 20nm? Samsung/TSMC?
2015 A9 14nm? TSMC?/GF?

なお、半導体製造技術についてGlobalFoundriesは、2014年に14nmプロセスを導入するらしく、性能向上にも期待が持てます。

11/13追記
AppleInsiderと、その元ネタのAllthingsDによると、GlobalFoundriesはSamsungの下請けとして生産するみたいなことが書いてあります。
う~ん。やっぱりIntelにでも作らせたいもの。

広告
カテゴリー:iPad, iPhone
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。