ホーム > iPhone > iPhoneの売上はP&Gやボーイングやインテルよりも大きい

iPhoneの売上はP&Gやボーイングやインテルよりも大きい

1年ほど前にAppleの株価が世界一となりましたが、その原動力となったiPhoneの売上について興味深い記事があったので紹介します。
(元ネタ:BloombergBusinessweek

下の画像はダウ・ジョーンズ工業平均株価(ダウ平均)の工業株30種採用銘柄ですが、その年間売上高とiPhoneの売上884億ドルを比較すると、iPhoneは第9位に付け、IBMの売上には劣るものの、P&Gやボーイングをも超え、ゴールドマンサックスとアメックスを足したよりも多いと、なんだかよくわからないほど巨額です。
というか、ウォルマートって何?世界最大は知ってたけど、こんなすごかったの?
iphone_vs_dow

もう少し判りやすいのが以下の画像

iphone_sales

ちなみに、これはiPhoneシリーズのみの売上であって、MacやiPadやその他サービスは含まれていないとのこと。
ああiPhone。なんて恐ろしい子…

広告
カテゴリー:iPhone タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。