ホーム > iPhone > 中国ではiPhone5sと5cの販売比率が10:1

中国ではiPhone5sと5cの販売比率が10:1

調査会社Localyticsから、発売後3日間の、iPhone5sとiPhone5cの販売台数が発表されました。
(元ネタ:Localytics

これを見ると、世界的なiPhone5s/5c販売台数(アクティベーション台数)は、米国が日本の5倍。
日本は2位で米国と3位の英国を除く全ての国の総和に等しいiPhone5s/5cを販売している感じです。
(というか、アメリカで売れすぎ。)

中国でこの程度の販売台数ってことは、5sの金色は中国で人気だから入荷しないロジックは成り立たないような。

5s5c_1

国別のiPhone5s/5c販売比率はこんな感じです。

5s5c_2

販売台数シェアを見ると、あまり意味はないかもしれませんが、1割弱と5cがもっとも不人気なのは中国とオーストラリア。米仏英の三国は5cの比率が24~31%と高いです。

気になるのは、その他の国での5c不人気ですね。
5sを持ちたい見栄なのか、高すぎて新興国では廉価機種として受け入れられていないようです。
しかし、Appleのマーケティング部門は超優秀なはずです。
iPhone5cは新興国向け廉価機種ではなく、コストのかかりすぎたiPhone5を置き換えるラインナップの一つと考えるのが妥当と思います。

Localyticsは発売後すぐに買う層が上位バージョンである5sを購入したので、比率が高いと分析。
今後の5cのシェア拡大を興味深く見ていきたいとしています。

広告
カテゴリー:iPhone タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。