ホーム > PC, Thinkpad > Windows8 64bitのThinkpad T60でCPUのVIDを下げる

Windows8 64bitのThinkpad T60でCPUのVIDを下げる

前回Thinkpad T60 (2007-4AJ)のCPUを換装したらCPU温度が今までよりも高くなってしまった件の続きです。

Thinkpadはファンが多いこともあり、問題解決は先達の足取りを追えばほぼ解決できます。
とはいえ、T60のWindows8 64bitにおける情報はあまりないので手探り感があることは否めません。

まずTPFanControlで冷却ファンを制御してCPU温度を下げてみる試みを行いました。
これによりファン回転数は上がりましたが、それでも連続して高負荷をかけるとCPU温度は85℃を超えます。
そのため、CPUへの供給電圧を下げることで発熱も下げようというのが今回の本題です。

Core 2 Duo時代に常用していたCrystalCPUIDは、倍率や電圧(VID)制御でお約束とも言えましたが、Windows8 64bitでは上手く動きません。
CPU情報は完璧に出るのですが、Multiplier Management SettingとIntel Enhanced SpeedStepの動作に問題があります。

そこでHWiNFO64を使い設定と状態を確認し、RMClock(素晴らしい日本語化はこちら)で設定を行います。

hwinfo64
HWiNFO64によると、T60 2007-4AJにおけるデフォルトのCore 2 Duo T7200の動作電圧は、1GHz時:0.950V、2GHz時:1.175Vとなっています。

こちらのメーカー情報では、標準的なVIDは(1.0375V-1.300V)となっており、0.950Vは既に低電圧動作です。
海外のフォーラムも回って調べてみると1.000V未満の2GHz常用も可能そうですが、少し盛って1.0375Vにしました。
rmj02 rmj01
RMClockの設定はこんな感じです。

設定後はYouTubeの1080p再生でも78℃超えることはなく、また一度も落ちていません。
profile

広告
カテゴリー:PC, Thinkpad タグ: , , , , , , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。