ホーム > PC > TX100 S1の内部について

TX100 S1の内部について

TX100 S1の内部写真を載せていなかったので何枚か載せてみます。

本体カバー裏、マザーボードのコネクタ等配置図
型式:S26361-D2679
メモリの挿し方が書いてあります。

電源の銘板
型式:DPS-300AB-44B
この電源も静かです。
カタログの24時間稼動条件はHDDがSAS等を選択としか書いていなかったことから、電源は耐えられる造りなのでしょう。

内部写真(拡大写真大きいです)
中央左の緑色の物体はCPU冷却用のダクトです。正面の12cmファンからの風を導き、リアファンで排気されます。
中央右下の金色のヒートシンクはグラボです。高さがあり2スロット分占めますがBTXのおかげか空間に余裕あります。
ATXでないことはマイナスでしょうが、とても静かで内部空間に余裕ができるのであればありと思います。
また、メモリの左側に5インチおよび3.5インチベイが見えます。これらの拡張性は高いです。

PCIスロット周り
PCI-Ex1にRadeon4350が挿さっています。これはx1ソケットに切り欠きがあったため無改造です。
強目の風が当たり冷却は十分。
ここがx16で、もう一本PCIあれば個人的に完璧。

HDDベイ
4台挿さった状態です。
ケーブルの取り回しよく、整備性高いです。

広告
カテゴリー:PC タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。