アーカイブ

Archive for 2009年11月

TX100 S1の起動に時間がかかる

TX100 S1はBIOS設定によっては、起動時にネットワークの待機みたいな画面で数十秒待たされます。


それを解決するのが上の画面。

ここの”5 : PCI BEV : Boot Manage PXE, Slot 00C8”に注目。
このPXEとはネットワーク起動のことで、これを探すために待機時間があったわけです。

殆どの個人用途では不要でしょうから、”x”を押してこの項目を削除します。
(Boot順位を下げるのではなく削除します)
これで起動時間は普通のPC並みになります。

広告
カテゴリー:PC タグ: ,

TX100 S1へのWindows XPインストール

2009年11月29日 5件のコメント

富士通の安鯖、TX100 S1へのXPインストール方法について、初期出荷状態ではブルースクリーンになるため、気付いたことを書いておきます。

1.F2でBIOSに入りRAIDとAHCIを切る
(AHCIドライバを読み込ませる際はこの限りでない)
2.事前にIntelのPRO1000ネットワークと3200チップセットドライバを用意
3.あとは普通にインストール

気付けば「なーんだ」のレベル。

カテゴリー:PC タグ: ,

TX100 S1について

2009年11月28日 1件のコメント

富士通のサーバ PRIMERGY TX100 S1(PGT1012BAD)を知人宅で導入する手伝いをしたので、備忘録として書き残しておきます。
最近の安鯖では、NECの5800/110GeとS70タイプSDを買っておりほぼ満足していましたが、TX100は使用条件さえ合えば、これらを超える商品に仕上がっています。

特長として以下が挙げられます。

・静音…12cmファンの低速回転により、S70SDに匹敵するを超える相当な静かさ。HDDアクセス音の方が気になる。
・高い冷却性能…110Ge並にHDDは冷える。グラボ増設でもエアフロー良好。
・最初からデュアルコア…NECがCeleronなのに比べ、PentiumDC E5200を標準で搭載。
・無改造でグラボが挿せる…PCI-E x1スロットには切り欠きがあり、x16のMSI R4350-MD512Hをそのまま挿せた。
・奥行きが短い…構造的に幅は広い。

富士通 TX100S1
WxDxH: 203x386x390
NEC 110Ge/GT110a
WxDxH: 173x453x448(-30x+67x+58)
NEC S70SD/FL
WxDxH: 175x409x369(-28x+23x-21)
HP ML110G5
WxDxH: 175x426x367(-28x+40x-23)

・安価…探せば運がよければ@19800で買える。セレロンE3000系とかにCPU換装前提なら割安と言える。
・ケーブルの取り回し…最初から4台のHDD用にSATAと電源のケーブル用意されている。ワイヤリングは秀逸。

問題点は以下

・HDDラックが閉まりにくい…HDDは一般的な収納方法ではなく、扉状のラックに取り付けるのだが、それを閉じて本体に固定する緑色のねじが入りにくい。横に寝かせないとうまくしめられない。
・PCI-Eスロット…切り欠きはx1にしかない。x8やx4に挿したいなら110Ge同様に加工が必要。x16はなくベンチやゲームに向かない。
・電源容量300W…強力なグラボ積まなければ足りるから関係ないでしょう。
・付属キーボードとマウスがPS2

未検証事項
・メモリ…non-ECCでの動作可否
・パフォーマンス…ベンチ等
・部品チェック
・BSEL mod

カテゴリー:PC タグ: ,